【炊飯器の選び方/ヒルナンデス】3つの質問で最適炊飯器を見つけよう!2/16

2月16日放送ヒルナンデスで新しく始まった「賢い買い物術を学ぶ大ヨコヤマショッピング」のコーナー。

家電のプロ直伝の失敗しない賢い家電の選び方ということで、ビックカメラの店員さんが、プロならではの炊飯器の正しい選び方を教えてくださいましたよ。

3つの質問に答えるとお好みの炊飯器が見つかるそうなので、早速チェックしてみましょう〜!


質問1.一度に炊くご飯の量は?


この質問で、炊飯器の大きさを絞ることができます。

炊飯器は、5.5合炊きと3.5合炊きの2タイプに分かれます。
5.5合炊きで2合炊くと、炊きムラが出やすく旨味が落ちるそう。なので、通常炊く量がどれくらいか考えて選ぶと良いそうです。

・3合以上炊く方→5.5合炊き
・2合  炊く方→3.5合炊き



質問2.どんなご飯が好き?


硬めが好きor柔らかめが好き、など炊き上がりの好みによって機種を絞ることができます。

この日の出演者の方の好みのご飯と、おすすめされた機種はこちら。

1粒1粒が立っているご飯が好き→パナソニックおどり炊き



heart.jpg累計販売数6万台以上
heart.jpg釜は蓄熱性の高いダイヤモンドコーティング

こちらのおどり炊きは、IH式でも特に粒のたったお米が炊けるという圧力IH式。お釜の中で加圧と減圧を繰り返すことで、お米を動かすのだそうです。そうすることで、1粒1粒に熱が伝わり、粒のたったご飯に炊き上がるんですね。店頭ディスプレイでも、まさにお米が踊っているような感じでした。

お米に圧力を加えることで、甘さがより一層引き立つというのも人気だそうですよ。

そして人気の機能がもう1つ。こちらの5.5合炊きのみの機能になるんですが、

お米の銘柄に合わせて炊き分けることができるんです。
選べるお米の種類は、全国46銘柄。ボタン操作でできるのもいいですね。


硬いけどもちもちなご飯が好き→タイガー THE炊きたて



heart.jpg蒸らす時の温度が高い

一番の特徴は、蒸らす時の温度。一般的な炊飯器は約110℃なところ、こちらのTHE炊きたては200℃!これでふっくらもちもちご飯に仕上がるそうですよ。

前述の機種と同じく圧力IH式なので、粒のたった炊き上がり。ちょっといいお値段です。こだわり派の方にはいいのかな。

デザインもスッキリしてていいですね、


硬めなご飯が好き→東芝 IHジャー炊飯器



あまりこだわりがなさそうな方だったので、1万円台の炊飯器をおすすめされました^^; シンプルな機能ですが、これで十分かも。



質問3.残ったご飯はどうする?


簡単にいうと、保温のままor冷凍、どちらにしますかということですね。

保温のままっていうと、少し前まではご飯が黄ばんだり硬くなったりしてましたが、今はそうならずに保温できるものもあるそうですよ。

炊飯器で保温→象印 南部鉄器極め羽釜



heart.jpgお釜のご飯の量に合わせて保温温度を調節
heart.jpg700万台売り上げ

黄ばみの主な原因は、お米に含まれる糖とアミノ酸の化学変化なんだそうです。長時間高温のままで置くとこの科学変化がおきるんですね。

一般的な炊飯器の保温温度は約70℃。この極め羽釜は、ご飯の量に応じて自動的に温度調節されるので、黄ばみにくいんだそう。

しかも、フタが水分を逃しにくい二重構造になっているためパサつきを抑え、保温時間はなんと約30時間!30時間立っても美味しいままのご飯がいただけるってのがすごいですね。

この南部鉄器極め羽釜。いいお値段するんですが、700万台とはよく売れていますね。TVなどで紹介されることも多いです。

5.5合炊きに特別仕様が出てますね。象印さんのサイトを見ると、美味しいご飯が炊けるとしか思えなくなってきました。



冷凍して保存



冷凍してすぐ保存する方は、炊き上がり方やお値段で選ぶといいそうです。


いかがでしたか?

番組で紹介されたビックカメラの店にも200種類以上の炊飯器があるそうですが、お値段もいろいろで迷いますよね^^;

今回の記事が参考になれば幸いです。よかったらチェックしてみてください♪











onigiri.png


この記事へのコメント

<スポンサーリンク>