【防災グッズ・手作り編/ヒルナンデス】簡単手作り&東急ハンズ最新グッズ!3/9

3月9日放送のヒルナンデス「大ヨコヤマクラフト」のコーナーは、春の防災スペシャル

東急ハンズの最新防災グッズや、いざという時簡単に手作りできるアイデアが紹介されました。

身近なものを防災グッズに代用する方法を教えてくださったのは、日本防災士会常務理事の橋本茂さん。

それではいざという時のための簡単手作り編いってみましょう〜。

→防災グッズ・東急ハンズ編はこちら


レジ袋サンダル


🎀 材料
・段ボール
・新聞紙
・レジ袋
(テープ、ハサミ)

🎀 作り方
1.段ボールを足の大きさに切り取る
2.新聞紙も同じ大きさに切り5〜6枚重ねる
3.新聞紙と段ボールをテープで止める
4.レジ袋の底に敷く
5.足を入れてかかとで袋をしばる

レジ袋を履いている感じですね。段ボールがなければあるもので代用できそうです。


キッチンペーパーで作るマスク


🎀 材料
・キッチンペーパー
・輪ゴム4本
・ホッチキス

🎀 作り方
1.キッチンペーパーを何度も折りたたみハリセンのようにしていく
2.輪ゴムを2本つなげた耳かけを2つ作る
3.1のマスクの両端を折り込み、2の輪ゴムをホッチキスでとめる

キッチンペーパーは何枚か重ねても良さそう。ホッチキスがない時はどうしたらいいんだろう・・・輪ゴムでそのまましばってもいいのかな。


ポリ袋クッション


🎀 材料
・ポリ袋
・新聞紙
(テープ)

🎀 作り方
1.くしゃくしゃに丸めた新聞紙をポリ袋に詰め込む
2.空気を抜きながら巻くようにして入り口をテープでとめる

🎀 ポイント
・新聞紙をつぶしすぎると弾力性がなくなります

テープがなければ、口を結んでもいいでしょうね。意外にクッション性がありそうでした。

非常時はこういうものの配給は遅いそうなので、知っておくとよさそうです。


レジ袋フード付きポリ袋防寒着


🎀 材料
・ポリ袋
・レジ袋
(ハサミ)

🎀 作り方
1.ポリ袋の閉じている方に、頭を出す穴を開ける
2.両脇に手を入れる穴を開ける
3.レジ袋の取っ手上部を切る(輪っかじゃなくなる)
4.ポリ袋の首の後ろの部分に小さな穴を3つ開ける
5.その穴にレジ袋の取っ手部分等を通して結ぶ

🎀 ポイント
・4の穴は首の後ろ1箇所と横に2箇所でした

実際に作ってみた出演者の方、フードがあると全然違うと言われていました。あったかいそうですよ。


持ち運び可能ランタン


🎀 材料
・アルミの空き缶(プルタブは取り外さない)
・カッター、ハサミ

🎀 作り方
1.缶の上から2cmと下から3cmの所に横線で印をつける
2.飲み口を正面にして縦線で印をつける
3.縦線に沿ってカッター・ハサミ切っていく
4.飲み口の反対側を3cmほど残し、横線に沿って切る
5.ケガ防止のため、切った縁は折り曲げておく
6.缶の底にろうそくを奥

🎀 ポイント
・軍手をするなど手を切らないよう注意
・プルタブをランタンの持ち手に
・側面は広げて風よけ&反射板に

むむ、これはちょっと難易度が高いような。いや知っておくだけでもいいのかな。



ガイド役の橋本さんもおっしゃっていましたが、大災害はいつどこでわからない。用意していた防災グッズを持ち出せるかわからないので、身の回りのものでなんとかする知恵も必要なんですね。

→防災グッズ・東急ハンズ編はこちら


ありがとうございました。


この記事へのコメント

<スポンサーリンク>